審査のポイント

指をさす女性金融機関に借り入れの申し込みを行う際に気を付けなければならないのが申し込みの記載内容です。

 

申し込み内容とデータの照合が行われますので、誤字脱字がある場合は審査をクリアできない場合もあります。

 

また勤務先や年収、他社からの借入れを偽って入力した場合も審査をクリアできませんので正直にすべて記入するようにしてください。

 

また、「審査の基本」のページでもご紹介しましたが多くの金融機関で審査方法に属性モデル像方法を採用しています。

 

このためかなり低い確率になりますが、自分とほとんど同じ条件の人が過去に返済トラブルを起こしていたり、同姓同名でその上、生年月日も同じ人がいたりした場合には信用情報機関のデータと異なるために審査に落ちてしまうということが実際にあったようです。

 

審査に落ちたとしても自分に問題がなく、身に覚えもない場合は一度信用情報機関に問い合わせて自分の情報を教えてもらうと良いかもしれません。

 

また別の金融機関に申し込みをしたら審査をクリアできたというケースもありますので他の金融機関に申し込みを行ってみるのも良いでしょう。

 

但し、過去に借入れの経験もなく、安定した職業に就いている人であっても勤務年数が一年未満の場合は審査をクリアできないこともあります

 

逆に知名度の高い従業員数の多い会社に勤めている方、勤続年数が長い方、同姓同名の人が少ないと思われる名前の方などは自分自身に返済トラブルが無い場合はその日のうちに借入れが行える確率が非常に高くなるでしょう。


おすすめの消費者金融はこちら!

このページの先頭へ